予防歯科|横浜市白楽、新宿区下落合の歯科

トップページ
コンセプト
治療の保証
患者様の声
説明資料
説明用動画
治療費一覧
Q&Aよくあるご質問
顧問契約・コンサル
予防歯科
診療科目のご案内
資料のご請求
各種資料のご請求
サプリメント
矯正無料相談
デンタルケア用品
ブライダルメニュー
デンタルサポーター
口腔内の細菌大丈夫?
院内研修会・MTG

予防歯科

予防歯科
予防歯科の目的は「お口の健康を生涯維持し、美しい歯を育てる」ことです。小さなお子様であれば、虫歯が1本もない(カリエスフリー)状態を目指します。 また、治療した部分の再発予防や新たな虫歯、歯周病の進行、口臭、歯の汚れを防ぐことも大切です。
毎日きちんと歯磨きをしているつもりでも、セルフケアでは虫歯の原因となるバイオフィルムやお茶・コーヒー・タバコなどの汚れを完全には落とすことはできません。定期的なプロのケアで将来の口腔環境を守り、自然で健康な歯を保ちましょう。

PMTCについて

PMTCとは、プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニングの略で、専門の歯科衛生士が行う歯のクリーニングです。歯ブラシだけでは取り除くことのできない汚れをなくすことで、虫歯や歯周病を予防できます。特にバイオフィルムが溜まりやすい「歯と歯の間」、「奥歯のまわり」、「歯と歯ぐきの境目」、「かぶせ物のまわり」等を重点的にお掃除していきます。

染出し剤で確認
まず染出し剤を使用し磨き残しを確認します。
汚れの除去
磨き残しの部分を専用の機械で除去します。その後、歯肉を傷つけないよう柔らかいラバーカップという機械で境目の汚れを落とします。
クリーニング
機械だけでは落としきれない凹みや窪みの部分はプロの衛生士が丁寧にクリーニングします。
仕上げ
歯茎が引き締まっていてとてもキレイに仕上がりました。最後にフッ素を塗布して歯質の強化を図ります。

フッ素塗布について

乳歯・永久歯に関わらず、生えたての歯は柔らかく磨きにくいので虫歯になりやすいのです。完全に硬くなるには生えてから2~3年かかると言われています。そこで、早くに歯の質を硬くし、虫歯になりにくい歯にするためにフッ素を塗布します。
フッ素は、強い歯を育てるための栄養剤です。年3回から4回の塗布を継続していくことで徐々に酸に強い歯を育てていきます。また、歯の表面のエナメル質が溶けるのを防ぐためだけでなく、酸で軟らかくなり始めたエナメル質を硬くしてくれる「再石灰化」の作用もあります。

シーラント

シーラントは奥歯のかみ合う面(咬合面)にできる虫歯の予防の方法です。あらかじめ、虫歯になりやすい奥歯の溝を接着力のあるプラスチックで埋めてしまいます。

このプラスチックは虫歯を削ったとき詰めるものと同類のレジンという材料なので、きちんと埋めていれば虫歯にならないという考えで普及し始めました。 シーラントは虫歯のない歯を対象にした予防です。しかし、フッ素、シーラントによる処方はあくまでも歯の強化にすぎません。一番大切なのはご家族の「仕上げ磨き」と「定期検診」であるということを忘れないでください。
白楽駅前歯科
白楽 柿山歯科医院
下落合 秋山歯科医院
お問い合せはこちら