歯周病治療|横浜市白楽、新宿区下落合の歯科

トップページ
コンセプト
治療の保証
患者様の声
説明資料
説明用動画
治療費一覧
Q&Aよくあるご質問
顧問契約・コンサル
歯周病治療
診療科目のご案内
資料のご請求
各種資料のご請求
サプリメント
矯正無料相談
デンタルケア用品
ブライダルメニュー
デンタルサポーター
口腔内の細菌大丈夫?
院内研修会・MTG

歯周病治療

歯周病治療

歯周病とは歯と歯ぐきの隙間から細菌(原因菌)が入り込み歯を支えている歯ぐきや骨、歯根膜などの歯周組織を壊していく病気で、歯肉炎と歯周炎に分けられます。その進行状況により歯ぐきの発赤・腫れ・出血、口臭、歯のぐらつきなど様々な症状が現れます。

しかし、自覚症状が少ないため、本人が気づく頃にはかなり重症になっているという危険な疾患です。厚生省の調査によると、中高年の80%以上は歯周炎の症状を訴えており歯を失う最大の原因が歯周病といわれています。

口腔内の細菌、あなたは大丈夫?

通常健康な人の口腔内には、およそ100種以上の細菌が常在しています。そして、定着する細菌の種類は年齢とともに変化していきます。定着細菌の種類と数の、加齢による変化は、口腔内環境の変化・食生活の変化・内分泌系の変化によるものと考えられます。

特に歯周病の場合、歯垢および歯石内部には、1グラムあたり10億から100億の歯周菌が存在します。さらに、電子顕微鏡レベルでの観察によれば、歯石を構築するペプチドグリカン構造に、多数のカンジダ(真菌)が介在していると言う報告があり、口臭発生の原因物質となると言われています。

歯周病の治療と予防

歯周病の治療と予防歯周病は「生活習慣病」と言われるように、日々の習慣改善が重要です。特に喫煙は血流が悪くなりやすく、プラークが付着しやすいため非喫煙者よりも歯周病にかかりやすいとされています。また、偏食による不十分な栄養摂取、糖尿病なども歯周病を引き起こす原因になりえます。

歯周病の治療はまず上記のような生活習慣を改善することから開始します。比較的軽度の場合には正しい歯磨き法、PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)による汚れの除去、フッ素塗布による予防などを行います。

しかし、進行が重度の場合は、上記のような内科的治療のほかにフラップ術やGTRメンブレン法(歯周組織再生誘導法)などといった外科的手術が必要になるケースもあります。このような場合でも日々のメンテナンス、しっかりとしたプラークコントロールを行うことが再発を防ぐ絶対条件といえます。

内科的歯周病治療

歯周病の外科的治療

炎症が歯肉の奥まで進行し、歯周組織の破壊がひどい場合には、歯周組織を回復させるための手術(歯周外科手術)が必要になります。この時、歯の根がアゴの骨にある程度残っていればおこなうことができます。もしかしたら歯を失わずにすむかもしれません。病巣を取り除き衛生的にする治療ですから、治癒するには治療後のプロケアとセルフケアが大切で、お口の衛生を保ち自然治癒力を高める努力が必要です。
歯周ポケットが5mm以上と歯周病が進行した重度の場合におこなう手術です。歯肉をはがし、歯石や汚れ、歯槽骨の整形、およびダメージを受けた歯肉などの組織を除去し、歯肉を元の状態に戻します。
歯肉が下がり、歯根が露出してしまった場合、従来では白い詰め物で修復する方法がとられていましたが、審美的にも良くなく、歯肉の回復も望めませんでした。しかし、現在では健康な歯肉を移植することにより本来の歯肉を取り戻すことができるようになりました。この歯肉歯槽粘膜形成術を施すことで歯周病の再発防止、プラークコントロールのしやすい口腔内環境に改善していきます。

重度の歯周病によって後退してしまった歯槽骨などの歯周組織を再生・誘導する手術です。この方法は歯の周りに失った骨などを、より積極的に再生させるという方法です。

歯肉(歯ぐき)を切開して歯槽骨から剥離し、露出した歯根のプラークや歯石の除去、歯槽骨の清掃、およびダメージを受けた歯肉などの組織を除去します。その後、特殊な保護膜(メンブレン、自家骨人工膜等)を使用して歯根膜・歯槽骨が再生できるよう保護し、歯肉を元の状態に戻します。
保護膜の使用は、歯根膜・歯槽骨・歯肉などの歯周組織は再生に要する時間が異なり、再生の遅い歯根膜・歯槽骨のために十分なスペースを確保しておくためです。このスペースがないと骨の再生スピードは遅いため、上皮や歯肉が入り込んでしまいます。従来の治療法ではこのような積極的な骨再生は困難でした。

また、エムドゲイン法はスウェーデンで開発された歯周組織再生誘導材「エムドゲインゲル」を使用した再生療法です。エナメル器質タンパクを主成分とする薬であるエムドゲインゲル(子供のころ歯が生えてくるときに重要な役割をする蛋白質の一種です)を塗って、歯周組織の再生を図ります。エムドゲインを塗ることによって失われた歯周組織の周囲に歯の萌出時と同様の環境を再現し、歯周組織の再生を誘導します。

いずれにしても、これらの手術は失われた歯周組織を健康な状態に回復しますが、歯周病が広範囲にわたるなど、手術をおこなえない場合もあります。また、手術の前に歯周病予防対策(正しい歯磨き法や歯石除去など)が行われていることが大前提となります。

白楽駅前歯科
白楽 柿山歯科医院
下落合 秋山歯科医院
お問い合せはこちら