ほとんど削らない虫歯治療|横浜市白楽、新宿区下落合の歯科

トップページ
コンセプト
治療の保証
患者様の声
説明資料
説明用動画
治療費一覧
Q&Aよくあるご質問
顧問契約・コンサル
ほとんど削らない虫歯治療
診療科目のご案内
資料のご請求
各種資料のご請求
サプリメント
矯正無料相談
デンタルケア用品
ブライダルメニュー
デンタルサポーター
口腔内の細菌大丈夫?
院内研修会・MTG

削らない虫歯治療

ほとんど削らない虫歯治療
歯は、硬いエナメル質と柔らかい象牙質の2層構造で作られ、歯肉の下の歯槽骨に支えられています。また、象牙質内部には歯髄(神経)があります。そして、虫歯は表面のエナメル質から発生しますが目で確認できる部分はわずかで、実際には、変色が薄かったり、象牙質の奥深くへも侵食しています。そして虫歯の進行度合いによって治療方法も変わってくるのです。

食べない時間に歯は修復される!

皆さんが普段食べているご飯やパンなどの炭水化物は唾液で分解されると虫歯の好物である糖になります。虫歯は糖を材料に酸をつくります。お口の中の酸性が強くなると、歯からカルシウムなどのミネラルが抜けていきます。このことを「脱灰(だっかい)」といい、ここから虫歯菌が進入していくのです。

唾液にはステタリンと呼ばれる成分が、ハイドロキシアパタイトという無機質とくっつき、脱灰した部分の歯のエナメル質修復してくれます。これを「再石灰化」を呼びます。
「だらだら食いがよくない」といわれるのは、つねに口の中が酸性に傾くことで、歯の表面を修復する時間がなくなるからです。ですから、健康的な歯を維持するには日頃の規則正しい食生活も関わってきているのです。

ドックベストセメント治療

ドックベストセメント治療は、ドックベストセメントの鉄(Fe)イオンと銅(Cu)イオンのコンビネーションによる殺菌力により、虫歯を除去しないで、無菌化する治療方法です。
ドックベストセメント治療は、虫歯治療や根管治療などの治療時に行いますが、特に虫歯を完全に除去すると神経まで達してしまい、神経を抜くことになってしまう時などにドックベスト治療を行うと、神経を抜かないで済む確率が高くなり、結果的に歯の寿命を伸ばすことにもつながります。
また、ドックベストセメント治療は、3Mix法と治療内容が似ていますが、3Mix法と比べて優れている点もいくつかあります。

初期の虫歯は極力削らずに治療

カリソルブという溶液(次亜塩素酸ナトリウムと3種類の混合溶液)の作用により、感染した象牙質のみを選択的に軟化させ、カリソルブインスツルメントを用いることでその感染部位のみを除去する治療法です。
一般臨床は1998年よりスウェーデンを中心に導入され、現在では世界47ヶ国で臨床導入されています。日本では2007年に厚生労働省に認可された新しい虫歯の治療技術です。
 
※現在カリソルブが輸入されなくなっている為、カリソルブ治療はできません。カリソルブに代わる治療薬を現在、許可申請中です。
カリソルブを用いると健全象牙質と感染象牙質とが臨床的に明確に区分されます。そのため、健全歯質を不必要に除去せず、感染象牙質のみを除去することが可能になります。
従来の回転切除機器(エアータービンやマイクロモーター等)による音や振動が最小限の使用で済みますので、患者様は快適な環境で治療を受けていただくことができます。
カリソルブによる治療の多くは、局所麻酔の必要性が最小限にとどまります。ドリリングは主にカリソルブ・インスツルメントの到達が困難な窩洞においてのみ補助的につかいます。
カリソルブは軟組織、エナメル質または健全象牙質には作用しません。歯髄に対する影響も報告されていません。
カリソルブはカリソルブ溶液とカリソルブ・インスツルメント で治療を行いますので、高価な専用の器械を必要としません。また、溶液の使用量も非常に微量ですので、臨床的な操作性にも優れています。
白楽駅前歯科
白楽 柿山歯科医院
下落合 秋山歯科医院
お問い合せはこちら