矯正歯科|横浜市白楽、新宿区下落合の歯科

トップページ
コンセプト
治療の保証
患者様の声
説明資料
説明用動画
治療費一覧
Q&Aよくあるご質問
顧問契約・コンサル
矯正歯科
診療科目のご案内
資料のご請求
各種資料のご請求
サプリメント
矯正無料相談
デンタルケア用品
ブライダルメニュー
デンタルサポーター
口腔内の細菌大丈夫?
院内研修会・MTG

舌側矯正

舌側矯正
舌側矯正(リンガルブラケット)とは、ワイヤーやブラケットなどの装置を全て歯の裏側に装着させ、表側からは矯正をしていることがほとんど分からないようにした矯正方法です。今まで「歯並びは治したいけれど、矯正装置が気になる」「職業的に表側の矯正装置はつけられない」などと、治療に対して躊躇されていた方に最適な治療方法と言えるでしょう。
治療期間も現在では、表側の矯正と変わらない・症例によっては、よりはやく治療が終わる事もあります。さらに近年では装置自体が小さくなり、装着後の違和感、発音のしづらさも非常に軽減されてきています。

舌側矯正のメリット

舌側矯正のメリットは、見た目上、目立たずに治療できるだけではありません。それ以外にも下記に挙げる様なメリットがあります。
治療中、虫歯を誘発しにくい。表側矯正で、歯に装置を付けると、装着と歯の隙間がうまく磨けず虫歯になることがあります。ところが、歯の裏側は歯の表面の一番かたい層であるエナメル質が表側のおよそ3倍も存在しています。そのため細菌の出す酸に対して強いのです。また歯の裏側には常に唾液が循環しているため、唾液の静菌作用や殺菌作用によって、虫歯になる菌が増殖しにくくなっています。このような理由から、歯の裏側に装置を付けた方が虫歯になりにくいのです。
前歯が引っ込みやすくなる。矯正治療では、歯を抜いてスペースを作り、そのスペース分だけ前歯を後ろに移動させるという方法を取ることがあります。この場合、奥歯を固定源にして前歯をひっぱって移動させます。ところが、表側矯正では前歯が後ろに移動しないで、奥歯が逆に引っ張られて前に移動してしまうことがあります。 裏側矯正では、装置が固定源となる奥歯を動きにくくするので、前歯をきちんと後ろに移動させることができ、前歯が引っ込みやすくなります。歯が前に出ているいわゆる出っ歯の方で、なるべく前歯を引っ込めたいという場合には裏側矯正の方が効果的といえるでしょう。
舌癖(歯を舌で押してしまう癖)を改善する事が出来る。患者さんの中には、嚥下(ものを飲み込むとき)や発音の際に、歯の裏側を舌で前方に押す癖のある方がいます。この「舌突出癖」は歯の移動を妨げたり、治療後の後戻りの原因になったりすることがあります。 裏側矯正では舌が装置を避けようとする反応のため、舌癖の防止に役立つと言われています。

舌側矯正に対するQ&A

 
表側矯正より治療期間が長くなるという話を聞きますが、本当ですか?
歯の裏側の構造が複雑であったり、見にくかったりすることで、治療において高度なテクニックや熟練が必要になる事があります。しかし、高度な技術を身につけている歯科医であれば、表側矯正と同じ治療期間で治療する事が出来ます。さらに、症状によっては舌側矯正の方が早く治ることもあります。
 
発音はしにくくなりますか?
発音しにくくなる事はあります。
発音する時には唇や舌が複雑な動きをしています。歯の表側の矯正治療であっても、舌側矯正であっても、矯正装置を付けることによって、一時的にそれらの動かし方が不自然となり発音しにくくなる事はあります。 患者さんを拝見していると早い方では数日、遅い方でも数週間程度で普通に発音できるようになっているようです。
 
装置を付けた場合食事がしづらかったり、歯磨きがしにくかったりしませんか?
初めて矯正装置をつけられた時には個人差がありますが、今までとお口の中の環境が変わることから慣れるまでは食べにくかったり、歯磨きがしづらいこともあります。
舌側矯正の場合、従来の装置では形態が複雑で大きいために食べ物が引っかかりやすかったり、歯ブラシが入りにくいことから磨き残しが多く歯ぐきが腫れやすかったりしました。しかし最近は装置が改良され、シンプルで小さい形態の装置が開発されているため、このような心配も減って、治療中も快適に過ごす事ができるようになってきています。
 
どのような歯ならびでも舌側矯正治療はできますか?
ほとんど、どのような歯ならびの方でも治療は可能です。
治療できない場合はごくわずかです。一度、ご相談下さい。

舌側矯正の価格

応相談
症例により異なりますため、一度ご相談下さい。

矯正歯科トップページへ戻る
白楽駅前歯科
白楽 柿山歯科医院
下落合 秋山歯科医院
お問い合せはこちら