矯正歯科|横浜市白楽、新宿区下落合の歯科

トップページ
コンセプト
治療の保証
患者様の声
説明資料
説明用動画
治療費一覧
Q&Aよくあるご質問
顧問契約・コンサル
矯正歯科
診療科目のご案内
資料のご請求
各種資料のご請求
サプリメント
矯正無料相談
デンタルケア用品
ブライダルメニュー
デンタルサポーター
口腔内の細菌大丈夫?
院内研修会・MTG

予防矯正

予防矯正

予防歯科とは人間の進化の過程から三次元的なアプローチをして予防していこうという考え方です。具体的には乳歯列期から永久歯列期までにオーバーレイという方法で乳歯に被せ物をして垂直的な高径をあげ、咬合平面をかえることで発育パターンを変えて不正咬合を予防する治療法です。

治療費用的にも大人になってからの矯正治療は多くのお金と時間が必要になりますが、幼少期から予防矯正をしておけば経済面でも低く抑えられる点や子供の発育にも好影響になると思われます。歯並びをよくすることで、ブラッシングがしやすくなり、虫歯になりにくくなったり、噛み合わせが良くなることで、姿勢が良くなったり、顔の歪みがなくなったり、見た目が良くなったりとたくさんのメリットが生まれます。

オーバーレイとは

オーバーレイ治療とは第1乳歯臼歯、第2乳臼歯の上に金属、またはプラスチックのかぶせ物を装着することにより、下顎を適切な位置に誘導し、顎顔面の成長を適切に促す咬合誘導治療です。下顎が回転して前方に移動する治療効果が望めます(左図参照)。
当院では、小児期の矯正治療にオーバーレイ治療を行っています。 お子様の歯に装着する器具は、顎機能総合検査 (CADIAX、骨格分析、模型分析など) から算出されたデータに基づいて、オーダーメイドで作成しています。

不正咬合の原因

咬合高径の低下(脳の加重)咬合高径とは、上下顎の離開度により決まる顔面の長さの事です。つまり咬合高径が低下しているとは、噛み合わせが下がってしまっている状態を意味します。噛み合わせが下がってしまうと、顎関節に過剰な負担がかかり顎関節症を引き起こす他、正常に咀嚼できなくなったり、また頭痛や肩こりの原因となることさえあります。
顎の狭小化顎の狭小化とは、現代人が柔らかい食物を好んで食す文化に変化した事により引き起こされる、歯が生えるスペースが減少してしまう事を意味ます。口が開かない、口を開けると顎が痛い、音がするなどの症状で、顎の関節円板がズレている場合、顎の狭小化が原因となっている可能性も予想されます。
臼歯部のディスクレパンシーディスクレパンシーとは、歯が正確に美しくに並ぶために必要なスペースと、実際に存在するスペースとが一致していないという事を意味します。症状としては、顎骨の大きさに比べて歯の大きさが大きい、上下顎の歯の数に不調和がある(歯の先天欠如など)、上下顎の歯の大きさに不調和がある(矮小歯など)等が見受けられます。
親知らずの萌出場所不足萌出とは、歯が生えてくるという意味ですが乳歯が抜けて永久歯が生えてくる以外にも親知らずの存在があります。顎に親知らずを受け入れるスペースがないとまっすぐに生えてくる事ができず、他の歯を押しのける様にするため、激痛を伴う事もあります。

治療のタイミング

オーバーレイは始めるのが早ければ早い程、永久歯を抜かない可能性が高くなります。今までの矯正とは違い歯を抜かないで歯並びをキレイにします。 矯正治療は最適な時期を逃さず開始することがポイントです。
具体的には、まだ永久歯が完全に生え揃っていない時期(5~9歳) 、特に6歳で始めるのが良いと考えられます。
6歳臼歯は永久歯の中で一番始めに生えてきて、上と下の歯の咬み合わせを決定します。 6歳臼歯が正しい場所に生えてこないと、次に生えてくる歯の歯並び、顔の形、咬み合わせに悪い影響を及ぼしてしまいます。

メリット

症例とオーバーレイの価格

当院では、患者さまの症状や状態により、治療に最適なタイミング、期間を十分に検討した後、治療プランをご提供させていただいております。また、顎の大きさや発育の程度により、治療の期間や内容は変わります。しかし早めの対応が良い結果を生むことが多いので、早めにご相談いただくことをお勧めいたします。

メリット


300,000円(税抜き)
目安の金額となりますため、一度ご相談下さい。

矯正歯科トップページへ戻る
白楽駅前歯科
白楽 柿山歯科医院
下落合 秋山歯科医院
お問い合せはこちら