院内感染対策|横浜市白楽、新宿区下落合の歯科

トップページ
コンセプト
治療の保証
患者様の声
説明資料
説明用動画
治療費一覧
Q&Aよくあるご質問
顧問契約・コンサル
院内感染対策
診療科目のご案内
資料のご請求
各種資料のご請求
サプリメント
矯正無料相談
デンタルケア用品
ブライダルメニュー
デンタルサポーター
口腔内の細菌大丈夫?
院内研修会・MTG

院内感染対策

院内感染対策
安心して治療を受けていただく上で、滅菌・消毒は欠かせないものです。病気を治療するために病院に行ったのに逆に病気をうつされては困ります。院内感染の大部分は、医療スタッフの意識不足と、医療機関のシステムの欠陥によるものだと言われています。当院ではそれぞれの器具に合わせて徹底した滅菌システムをとっております。

当院における院内感染対策

口の中を治療する歯科の分野は想像以上に出血することが多く、その度に器具は汚染されてしまいます。
歯肉炎の患者さんでは、歯ブラシを当てただけでも容易に出血し、外科治療はいうまでもなく歯石をとったり歯の神経をとる治療でも出血は起こります。また、唾液からの感染も無視できません。ですから神経質なくらいに院内感染対策を実施し、少しでも安心して治療を受けて頂けるよう配慮しています。
歯科医師やスタッフが治療のときに使用する手袋は、必ず患者様ごとに使い捨てのものを使用しています。また、コップ、エプロン、器具を置くトレー等も、すべて使い捨てを使用しています。
また、手袋をする前後には、専用薬用石鹸、即乾性擦式手指消毒剤で手洗いをし、使い捨て紙タオルを使用しています。
口の中で使用する器具で、繰り返し使うものについては消毒ではなく必ず滅菌をしてから次の患者さんに使用しています。歯を削る器具も、もちろん滅菌されています。熱に強い金属の器具については、高圧蒸気圧滅菌器を使い、121℃の蒸気で20分間かけて完全に滅菌しています。滅菌後の器具はそのキレイな状態で保つため、滅菌パックに保管しています。
歯を削ったり、入れ歯や銀歯を調整するときには、歯の削りかす、金属片、血液、細菌など、目に見えない細かい粉塵(ふんじん)がたくさん飛び散ります。
当院では、こうした粉塵が広がってしまわないよう、口腔外バキュームを設置しています。口腔外バキュームは、強力な吸引力で、治療時に発生する細かい粉塵を吸い取り、快適でクリーンな診療室をつくります。
歯を削るタービンという機械は滅菌消毒に非常にコストがかかるので、多くの歯科医院で滅菌・消毒がされてないのが現状です。しかし、タービン等の内部には、水や空気の通り道が何本も空いており、治療中に患者様の血液や唾液が入り込む可能性があります。
外側のアルコール消毒のみで使用すれば次の患者様に院内感染する可能性もあるのです。当院では患者様毎に滅菌された清潔な器具を用いております。
皆さんは外で掃いていた靴で室内に入れるでしょうか?また、誰が履いたか分からないスリッパも気になると思います。
特に病院では常に清潔に保つ必要が求められます。当院では使用済のスリッパをその都度殺菌し、従来の共用スリッパでは媒介しやすかったブドウ球菌、大腸菌、緑膿菌、真菌、水虫が完全に殺菌された状態で安心してご利用頂けます。
感染防止システムの改善を心がけ、必要があればその変更を行い合わせてスタッフの再教育を行っています。定期的な研修も実施しています。
白楽駅前歯科
白楽 柿山歯科医院
下落合 秋山歯科医院
お問い合せはこちら