CT外来|横浜市白楽、新宿区下落合の歯科

トップページ
コンセプト
治療の保証
患者様の声
説明資料
説明用動画
治療費一覧
Q&Aよくあるご質問
顧問契約・コンサル
CT外来
診療科目のご案内
資料のご請求
各種資料のご請求
サプリメント
矯正無料相談
デンタルケア用品
ブライダルメニュー
デンタルサポーター
口腔内の細菌大丈夫?
院内研修会・MTG

CT外来

CT外来
CTとはコンピューター断層撮影(computer tomography)の略で、X線とコンピューターを使って体の断面を輪切りの状態(断面画像)で見ることができるようにする装置です。断面画像からは、体の各臓器の形態、大きさ、位置などを確認することができます。従来は画像を平面でしかみられませんでした。
しかしCTを使用する事により水平・垂直・斜めと見たい断面を自由に見る事ができ、口腔内の細部まで立体的な画像診断が出来るようになりました。

現在歯科用CTを導入している医院は少ないのが現状です。しかしより高度で精密な治療には必要不可欠です。当院では独立したCT外来を設け、外部に委託することなくスピーディに検査を行える体制を整えています。

CT検査でわかること

CTで撮影した画像からは、あごの骨の形や硬さがわかるだけでなく、鼻の病気や神経の位置なども調べることができるというおおきなメリットがあります。

また、近年、歯顎顔面領域の画像診断においては、歯科治療の高度化に伴い、3次元画像診断の必要性が高まっており、インプラント治療や通常の歯科治療である埋伏歯抜去、歯周病の骨欠損、根尖病変の状態なども正確に把握する必要があります。

特にインプラント手術は高度な治療の一つですが、神経管の位置、上下顎の構造、骨密度、適切な埋入位置とフィクスチャーの選択、補綴物との調和など複合的な要素があります。より安全で信頼性の高い手術計画を立てるためには、手術前に十分な検査を行い、様々な観点からより正確な診断を行う必要があります。

3Dパノラマレントゲン

パノラマセンサーと3Dセンサーは回転式になっておりプログラム選択すれば自動で切り替わります。煩わしいセンサーの差し替え作業は必要なく、着脱時の落下事故などの心配もありません。

また、撮影時間は25秒、実行照射時間はパルス照射により11秒ですので照射量は少量に抑えられています。患者様に必要以上のX線照射をすることなく診査・診断することができます。

断層撮影した画像を最薄0,076mmの幅でスライスすることができますので、根管の形状・根尖・破折などの確認や外科的処置、埋伏歯の確認などが可能です。

その他にもこんな治療に役立っています

矯正の治療計画や治療中の経過観察の際は、歯列全体の確認が重要です。CT検査の撮影による緻密な診断は、術前検査で顎骨の状態が正確にわかるので、歯の移動の限界を予測することができ、また軟組織の状態もわかるので治療計画の立案に役立ちます。結果として最適な治療方法を導き出すことが出来るため、治療期間の短縮にも繋がります。
歯周病は歯と歯ぐきの隙間から細菌(原因菌)が入り込み歯を支えている歯ぐきや骨、歯根膜などの歯周組織を壊していく病気です。CT検査の撮影により骨状態からおおよその歯の寿命を積算することが可能になりますので、予知性の高い治療が行えます。
CTは立体的に把握することができるので、親知らずの抜歯にのケースで利用することで、神経を引っ掛けてしまう可能性や、周囲の炎症の状況、病巣の有無や大小、位置なども判断・考慮して、治療を行うことができます。
また埋伏歯などの位置も精密に判断が可能なので、余分な切開や骨の切削などを避けることができます。
虫歯が神経まで達してしまった場合には神経を取り消毒してお薬を詰め、土台を補強して被せ物をします。これを根管治療といいますが、歯根の先端の病巣発見や、治療後の治癒の状態などがかなり正確に把握することができます。
歯科用CT画像を使った正確な診断によって、根の病気の完治を目指しやすくなるのです。

CT外来について

AKデンタルグループでは外部医院や歯科医院からの撮影依頼も受け入れています。より高度な歯科治療を目指される医院様のお手伝いをさせて頂きます。
白楽駅前歯科
白楽 柿山歯科医院
下落合 秋山歯科医院
お問い合せはこちら