インプラント|横浜市白楽、新宿区下落合の歯科

トップページ
コンセプト
治療の保証
患者様の声
説明資料
説明用動画
治療費一覧
Q&Aよくあるご質問
顧問契約・コンサル
インプラント
診療科目のご案内
資料のご請求
各種資料のご請求
サプリメント
矯正無料相談
デンタルケア用品
ブライダルメニュー
デンタルサポーター
口腔内の細菌大丈夫?
院内研修会・MTG

インプラント

インプラント

もし歯を失ってしまったら…

虫歯や事故などの原因により歯を失ってしまった場合、少し前までは両隣の歯を削ってブリッジを架ける方法や歯にバネをかける部分入れ歯によって対処されてきました。しかし、昨今では医療技術の進歩により「インプラント」という新しい治療方法が確立されています。

これは歯が失われた場所に、歯の根に変わるもの(人口歯根)を埋めておき、それがしっかりついた段階で人口の歯を接合していく治療法です。ブリッジや部分入れ歯よりも天然歯に近く、違和感の少ない第2の永久歯として画期的な治療法です。

さまざまなインプラント治療法

インプラント治療を行うには、患者様が治療に適しているかなど精密な検査が必要になります。インプラント治療は手術が必要であり、埋め込んだフィクスチャーが骨にしっかりと固定されるのを待たなければならないため、治療期間も早くて二ヶ月から長いと一年近くかかる場合もあります。当院では、患者様とじっくり話し合い最も適した治療法をご提案いたします。

前歯を1本失った場合
失った部分にインプラントを1本埋入します。従来は、健全な両隣の歯を削ってブリッジを用いて治療していましたが、インプラントを用いると健全な歯を傷つけることなく治療を行うことが出来ます。

奥歯を失った場合
従来では部分入れ歯などで補うのが通常でした。しかし、金属の金具が邪魔であったり、うまく食べれないなど不快感が残ります。しかし、インプラントをすることで、しっかりと噛みあい天然歯のような噛み心地を得られます。

全ての歯を失った場合
従来の総入れ歯ではガタつきや発音障害、お手入れの面倒臭さなどがありましたが、インプラントを行うことで取り外す必要のない人工歯を手に入れることが出来ます。

インプラント症例のご紹介

術前(1)
下の臼歯部が欠損している状態です。

術前(2)
欠損している部位には部分床義歯が入っていましたが、どうしても義歯の装着感になじめないということで来院されました。

3.インプラントの埋入
臼歯の欠損した部位に必要数のインプラントを埋入しました。

4.補綴装着
インプラント上に冠を装着し、ご自身の歯と同じ状態になっています。義歯の不快感から開放されました。

最新のCT検査

CTとはコンピューター断層撮影(computer tomography)の略で、X線とコンピューターを使って体の断面を輪切りの状態(断面画像)で見ることができるようにする装置です。

断面画像からは、体の各臓器の形態、大きさ、位置などを確認することができます。従来は画像を平面でしかみられませんでした。
しかしCTを使用する事により水平・垂直・斜めと見たい断面を自由に見る事ができ、口腔内の細部まで立体的な画像診断が出来るようになりました。

特にインプラント治療では顎の骨の状態を詳しく調べることが重要です。顎の骨の状態(薄い・細いなど)や骨密度などを調べ、増骨が必要な場合はその量も事前に確認する必要があります。CTを使用することでより安全、適切に行うことができるのです。

詳しい内容はこちら
白楽駅前歯科
白楽 柿山歯科医院
下落合 秋山歯科医院
お問い合せはこちら