顎関節症治療|横浜市白楽、新宿区下落合の歯科

トップページ
コンセプト
治療の保証
患者様の声
説明資料
説明用動画
治療費一覧
Q&Aよくあるご質問
顧問契約・コンサル
顎関節症治療
診療科目のご案内
資料のご請求
各種資料のご請求
サプリメント
矯正無料相談
デンタルケア用品
ブライダルメニュー
デンタルサポーター
口腔内の細菌大丈夫?
院内研修会・MTG

顎関節症治療

顎関節症治療
顎関節症は重度になると非常に深刻な症状があらわれる深刻な病気です。しかも、原因について患者さん自身が原因を特定しづらく、一般的にもあまり認知されていない病気です。 顎関節症の症状として、筋肉を使う方向に顎が移動してズレてしまうといったものがあります。その分、顎関節に負担がかかるのです。あわない噛み癖が付く前に左右のバランスを整える治療が必要になります。また、歯を抜いたままにしておいて放置してしまい、噛み合わせのバランスが悪くなったり、治療途中の歯、磨り減って合わなくなった金属(詰め物)等をそのままにしておくと顎関節症を引き起こす要因となり得ます。 顎関節症の治療は一つひとつの原因を取り除き、総合的に治療していく必要があります。当院では患者様の状態を詳しく分析し、様々な角度から治療方針を立てていきます。

顎関節症の原因と症状について

初期症状としては口が開きにくい、顎を動かすとカクカク音がするといった症状があり、状態がひどくなると口を大きく開いたりするのが困難になり、食事も思うようにとれなくなる等、生活に支障が出てきます。また自分の顎の形に合わない詰め物を入れて治療を行い、数年後に顎関節症の症状が出るケースが多く、患者さん自身も原因を自覚していない方が大半です。顎関節症は症状によって、次のように分類されます。(日本顎関節学会)

・筋肉の障害によって起こるタイプ
・関節包・靭帯の障害によっておこるタイプ
・関節円板の障害によって起こるタイプ
・変形性関節症によって起こるタイプ

顎関節症のタイプは4つに分けられますが、症状が複数のタイプにまたがってでる方が多い様です。当院では、顎関節や筋肉、靭帯などから根本的に見直し、原因を追究します。そうした考察のもと、歯周病治療や矯正、インプラントなどの処置により見違えるほど改善することもあるのです。今まで治療を重ねても症状が治まらない方、ぜひ一度ご相談下さい。

顎関節症治療の流れ

 
問 診
現在の患者様の状態をお伺いいたします。顎以外の体の部位に痛みがないか等、お聞かせ下さい。
 
診 査
体の歪み、顎の歪み、お口の中の状態のほか、レントゲン検査や顎運動の機能解析検査、歯の模型の作製をいたします。
 
診断・解決策の提示
顎関節症は様々な原因が考えられるため、その解決策も状態により異なります。診断をもとに患者様にとってベストな治療法をご提案いたします。
 
治 療
上記の診断結果をもとに治療を開始します。
 
メンテナンス
治療後も予後の状態を確認することが重要です。定期的に診察を受けられることをお勧めいたします。
白楽駅前歯科
白楽 柿山歯科医院
下落合 秋山歯科医院
お問い合せはこちら