Just another WordPress site

トップページ
コンセプト
治療の保証
患者様の声
説明資料
説明用動画
治療費一覧
Q&A
顧問契約・コンサル

2010年9月29日 (水) 09:05

日経新聞によると、ばんそうこうのように張るだけで歯と一体化するシートを近畿、大阪歯科大学が開発したと発表した。知覚過敏症や虫歯の予防、治療、汚れを防ぎ歯の白さを保つ応用法が考えられるそうだ。原料はハイドロキシアパタイトの粉で、レーザーを当てると分子が飛び出し、塩の基板上にシート状の結晶ができる。シートは無色透明で柔軟性があり、歯に載せるだけでくっつく。シートを歯に張ると唾液の成分をかけるだけで一体化する。今後は望みの形状に加工し、接着方法を調べ実用化を目指す。これが実現すれば実際の歯の成分での修復が期待できる。

2010年9月27日 (月) 23:20

赤ちゃんはお腹の中でも指しゃぶりをします。通常二歳くらいの子供が指しゃぶりをするイメージですが生まれて三ヶ月くらいでも指しゃぶりします。最近の研究発表ではお母さんの血糖値と連動していて、お母さんの血糖値が低い時に指しゃぶりをするそうだ。せめて三歳までにはやめてほしい。

2010年9月21日 (火) 21:37

未熟児で生まれた娘と初参りに氏神様の氷川神社と水天宮に行きました。なんとか赤ちゃんらしくプヨプヨになったのも神様方のおかげだと思います。生まれる前に安産祈願をさせてもらったので、初参りと一緒にお礼参りをさせていただきました。無事にお参りできて安心しました。これからもすくすくと元気に育ってほしいです。

2010年9月15日 (水) 09:17

やっと総理大臣が決まった。党員やサポーター票で圧倒したのは世論の表れだったのかもしれない。しかし、また円高が進んでいるし早くなんとか対策を打って日本経済の復興に全力を尽くしてほしい。でも菅さんが短命でなくよかった。

2010年9月12日 (日) 22:29

久しぶりに映画を見てきました。ちょうど時間の合った『東京島』というのをみました。女1人男16人が漂着した島で生活するのですが、まず女というのは超現実的で怖いなあと思いました。まず一緒に漂着した旦那が無人島での生活力がなく、かえって足手まといと思い気や、海へ投げ捨て、強い男の女になり、その男よりさらに島を脱出しようと企画力のある男に乗り換えるが失敗。その後、妊娠し双子を出産して争いに勝ち脱出。今本当に簡単に食べ物を手に入れ、お腹いっぱいになると残りを捨てたりする。しかも見たくないほどお腹が出てる。情けないやら、自分も捨てられないように自己管理だけでなく、この不景気な世の中を生き抜きたいと思います。

2010年9月4日 (土) 20:30

エチカの鏡で有名な脳科学おばあちゃん久保田かよこさんの講習会を受けました。基本的には二足歩行するまでにきちんとした躾や姿勢を身につけることで、将来勉強するときの集中力や脳の器を大きくするということで親バカですが子供達を連れて聞いてきました。しかし、元気でコンセプトがはっきりしたおばあちゃんで質問にも的確に答えてくれてました。実際経験されているし、実績をあげていらっしゃるので説得力があります。まず男の子は立ちションをさせることで我慢を教えるそうです。床やお尻の大きさに合わせて寝かせたり、座らせたりすることで背筋を伸ばし、自由に手を動かせることで脳に刺激を与えるそうです。立ち上がる頃にはオシメを外し、自分からおしっこなどをさせることが当然の目標みたいです。おそれいいりました。最後に握手をさせていただきましたが、暖かく、柔らかい手でした。いい経験をさせていただき感謝します。

2010年9月3日 (金) 22:02

今日久しぶりに下落合のクリニックにてサイナスリフト同時インプラント治療を代診の先生にやってもらった。初めて代診にやってもらうにあたり、より安全に正確に手術ができるようにピエゾサージェリーのためにオサダからピエゾを、またノーベルバイオケアからストレートのハンドピースを購入した。かなりの出費だがなんとかうまくオペが済むようにハードを完璧にして臨んでもらった。おかげさまで患者さんにも夜連絡した感じでは大成功だったみたいだ。安心すると同時に若い先生達に負けないように切磋琢磨しなければと思った。

2010年9月1日 (水) 08:58

歯科医師会と癌センターは癌患者への歯科治療で連携し、口腔内の合併症軽減を目指すことに合意した。癌患者は抗がん剤などの影響で唾液が減り、免疫力が低く口内炎が重症化してしまうなど口腔内の合併症が発生しやすい。一般的な抗がん剤治療で約四割、強い抗がん剤を使う骨髄移植で約八割、口から喉周囲の癌への放射線治療では十割、発生する。そのため治療前に歯周病の検査や歯石の除去などを歯科診療所で行い、合併症を軽減する必要がある。我々AKデンタルグループも全力を尽くして癌患者へのケアに力を入れて合併症を防ぎたいと思う。